水草中景草後景草

水草で1番赤い?ロタラ レディッシュをより赤くさせる4つのポイント

スポンサーリンク

ロタラ ロトンディフォリア レディッシュの育成環境やより赤くさせる4つのポイントを解説していきます。

ロタラ ロトンディフォリア レディッシュとは

学名・流通名:Rotala sp

ロタラレディッシュはロトンディフォリアの仲間で、強い赤色の葉を展開していきます。

その赤さはルドウィジアスーパーレッドと同じくらいで、ロタラ系の中であれば”1番赤い”と言っても過言ではないでしょう。

ロタラ系の赤い順

ロタラロトンディフォリア < ロタラインディカ < ロタラH’ra <  ロタラレディッシュ

育成環境

〇育成難易度★★☆☆☆

育成は簡単で、比較的まっすぐ上に成長してくれるためレイアウトも組みやすいです。

また、ロタラ系の中でも特に強い赤色へなりやすいため、初心者の方でも育てやすい水草となっています。

〇光量

  • 光量がおすすめ

〇CO2

  • 添加がおすすめ

〇水温

  • 20~28度

〇水質

  • 弱酸性~中性(pH5.5~7.0)
  • 軟水

〇活着

  • ほぼしないため、ソイルに植えて育成するのがおすすめ

〇増やし方

  • 差し戻し

美しい赤色にする4つのポイント

4つのポイント
  • 高光量の照明
  • CO2添加
  • 栄養添加
  • 弱酸性の軟水を維持

美しい赤色にせるためには、光量・CO2・栄養・水質の4つ全てが重要となり、どれか一つでも欠けるとバランスが崩れて上手くいかなくなってしまいます。

例えば、水質が合わず、成長が良くない状態でCO2添加や液肥を添加しても効果は得られず、むしろコケ被害等の悪循環が生まれてしまうこともあります。

そのため、バランス良く管理していくことが大切となります。

高光量の照明

人間の日焼けと似た原理で、水草も高光量の環境下だとより赤くなるため、なるべく高性能の照明を使用するようにしましょう。

おすすめの照明はChihiros WRGB2で、RGBチップを使用しているため、十分な光量を確保しつつ赤系の水草をより美しくみせてくれます。

CO2添加

光合成に使われるCO2を添加してあげることで、水草がより元気に美しく成長していきます。

栄養添加

ロタラレディッシュをより赤くさせるには、”鉄分”の添加が非常に効果的です。

また、三大栄養素の1つであるカリウム微量元素等を添加し、水草を元気に育成してあげるとより美しく成長していきます。

弱酸性の軟水を維持

弱酸性の軟水を保つようにすれば、好調のまま成長してくれます。

逆にアルカリ性寄りの硬水になってしまうと、水草の成長が止まったり、枯れたりしてしまいます。

このような状況になると、いくら光量やCO2、栄養に力を入れても効果は得られなくなってしまい、むしろ逆効果になることもありますので、できるだけ弱酸性の軟水をキープできるようにする必要があります。

究極の赤系水草

ロタラレディッシュはかなり赤くなる種類の水草で、とにかく赤い水草が欲しいという方におすすめです。

逆にもう少し鮮やかな赤色の水草が欲しいという方は、ロタラHra等を育成すると良いです。

ロタラ系の赤い順

ロタラロトンディフォリア < ロタラインディカ < ロタラH’ra <  ロタラレディッシュ

スポンサーリンク
アクアリウム北海道をフォローする
スポンサーリンク
アクアリウム北海道

コメント

タイトルとURLをコピーしました