アクア用品照明

【性能比較】WRGB2 スリムやプロとの5つの違いを解説!見ればどれを選ぶべきかわかります!

スポンサーリンク

ChihirosのLED照明”WRGBⅡ SLIM”、”WRGBⅡ”、”WRGBⅡ PRO”の3つの照明の違いや特徴を解説していきます。

WRGBⅡシリーズの比較表

WRGB2 SLIMWRGB2WRGB2 PRO
適応サイズ・幅60~75㎝・幅60~80㎝・幅60~80㎝
本体サイズ(幅×奥行×高さ)584×128×15mm600×140×18mm 600×143×18mm
定格出力45W67W74W
全光速2400㏐4500㏐6630㏐
RGB素子LEDチップ数40pcs60pcs60pcs
LED色RGB 3in1RGB 3in1RGB 4in1
定格寿命約50000h約30000h約30000h
メーカー希望小売価格
(実際はもっと安く入手できます)
24900円37900円44500円
WRGB2比較表(60㎝水槽用サイズ)

WRGB2シリーズの”WRGB2 SLIM”・”WRGB2”・”WRGB2 PRO”の性能を60㎝水槽用サイズで比較していきます。

基本的な違いはデザイン・光量・RGBチップ・寿命・価格などで、それぞれの違いを詳しく解説していきます。

kaido
kaido

価格に関しては、メーカー希望小売価格を表示しているため、楽天市場やアマゾンなどでは実際1万円前後は安く購入できますよ。

WRGBⅡ SLIM
WRGBⅡ
WRGBⅡ PRO

【WRGB2シリーズ】5つの違い

  1. デザイン
  2. 光量
  3. RGBチップ
  4. 寿命
  5. 価格

1.デザイン

基本的に3種類ともブラックの同じようなデザインになっているため大きな違いはありませんが、WRGB2 スリムだけリフトスタンド部分が金具ではなく、ボディとマッチした黒のリフトスタンドになっています。

どのデザインが良いか好みがあるので決めきれませんが、どの照明もおしゃれなデザインになっています。

2.光量

WRGB2
WRGB2 SLIMWRGB2WRGB2 PRO
定格出力45W67W(約1,5倍)74W(約1,6倍)
全光速2400㏐4500㏐(約1,9倍)6630㏐(約2,8倍)
電気代約365円約543円約599円
※電気代…1日10時間使用した場合(1kWh単価27円で計算)

明るさに関してはルーメンで比較することができ、WRGB2 スリムで「まあまあ明るい」、WRGB2で「結構明るい」、WRGB2 プロで「かなり明るい」と言う感じです。

WRGB2 スリムを基準に、WRGB2は約1.5倍の電力アップに対してルーメンは約1,9倍、WRGB2 プロは約1,6倍の電力アップに対してルーメンは約2.8倍となっているため、エネルギー効率がかなり良くなっています。

明るすぎる場合には、調光機能で調整ができるため問題になりませんが、WRGB2 スリムのようにMAXの明るさが低い場合には光量不足を補うことはできませんので、幅広い範囲で調光したい場合にはWRGB2やWRGB2 プロの方が良いです。

ただ、WRGB2 PROほどの光量が必要ない場合もあるので、コスト面も考えるとWRGB2が1番使いやすいかと思います。

3.RGBチップ

RGB素子LEDチップ(WRGB2)
WRGB2 SLIMWRGB2WRGB2 PRO
RGB素子LEDチップ数40pcs60pcs60pcs
LED色RGB 3in1RGB 3in1RGB 4in1
WRGB2比較表(60㎝水槽用サイズ)

RGBチップに関する主な違いは、WRGB2 スリムのチップ数が40個しかないこと、WRGB2 プロに白色が追加され、赤・緑・青・白の4色(RGB 4in1)になったことの2つです。

WRGB2シリーズには写真のように白く見えるチップが40個、あるいは60個ありますが、その1つのチップの中に赤・緑・青(RGB 3in1)が入っており、それぞれの色が組み合わさることで様々な色を作り出しています。

これがRGB素子LEDチップというもので、普通のLEDチップよりもかなり鮮やかに見せてくれます。

そしてプロには、赤・緑・青(RGB 3in1)に白が追加され(RGB 4in1)、より自然に近い色を作り出すことができるようになりました。

4.寿命

WRGB2 SLIMWRGB2WRGB2 PRO
定格寿命約50000h約30000h約30000h
1日10時間の使用約13年7ヶ月約8年2ヶ月約8年2ヶ月
WRGB2比較表(60㎝水槽用サイズ)

照明の寿命は、WRGB2 スリムが約50000時間と、他のWRGB2よりも約1.7倍多い寿命となっています。

1日10時間使用した場合、WRGB2 スリムは約13年以上持つ計算になり、かなり長い寿命といえますが、WRGB2やWRGB2 PROも約8年以上持つため十分な寿命と言えます。

5.価格

WRGB2 SLIMWRGB2WRGB2 PRO
メーカー希望小売価格
(実際はもっと安く入手できます)
24900円37900円44500円
WRGB2比較表(60㎝水槽用サイズ)

比較用としてメーカー希望小売価格を表記していますので、楽天市場やアマゾンなどのネットショップであれば、約1万円前後は安く購入することができます。(時期やショップなどで左右されます)

光量やRGBチップなどの性能が良くなった分、WRGB2 PROは結構な金額になります。

ただ、WRGB2やWRGB2 PROは、ADAの”アクアスカイRGB”にも劣らない高性能LED照明でありながらも、安く購入できるためコスパは非常に良いです。

kaido
kaido

個人的にはアプリ管理機能がついたChihirosのWRGB2シリーズの方が好みで、総合的にみてもおすすめです。

WRGB2シリーズの選び方

WRGB2 SLIMWRGB2WRGB2 PRO
適応サイズ・幅60~75㎝・幅60~80㎝・幅60~80㎝
本体サイズ(幅×奥行×高さ)584×128×15mm600×140×18mm 600×143×18mm
定格出力45W67W74W
全光速2400㏐4500㏐6630㏐
RGB素子LEDチップ数40pcs60pcs60pcs
LED色RGB 3in1RGB 3in1RGB 4in1
定格寿命約50000h約30000h約30000h
メーカー希望小売価格
(実際はもっと安く入手できます)
24900円37900円44500円
WRGB2比較表(60㎝水槽用サイズ)

WRGB2 SLIM

WRGB2 SLIMは、「高光量を必要としない水槽をメインにしている方」におすすめです。

高光量は必要としないといっても、陽性水草も十分綺麗に育てる性能はありますので、その点は心配しなくても大丈夫かと思います。

ただ、赤系の水草をより真っ赤にしたいという方は、他のWRGB2シリーズの方がおすすめです。

WRGB2 SLIMは、リフトスタンド部分もボディと統一された黒いデザインになっており、寿命が長い点や無駄な出費が抑えられている点も魅力です。

WRGB2

WRGB2は、「本格的水草水槽を作りたい方」におすすめです。

赤系水草も真っ赤に育成することはもちろん、光量を調整することでより水草にあった環境を作り出すことができます。

基本的に万能タイプで、非常に使いやすいLED照明になっていますので、水草を綺麗に育成したい方にはイチオシのLED照明です。

WRGB2 PRO

WRGB2 PROは、「水草育成の知識があり、とにかく高性能LED照明で水草を育成したい方」におすすめです。

WRGB2 PROは、圧倒的な高光量を誇っており、光量不足になることはありません。

ただ、逆に光量が多すぎて成長阻害になったり、コケの被害にあったりするリスクもあるため、水草の種類や環境を見極めて適切な光量に調整する必要があります。

そのため、初心者の方には少し難易度が高い照明ともいえます。

しっかり調整することができれば、どんな水槽にも対応する高性能LED照明になりますので、水草育成を極めたい方はぜひ使用してほしいLED照明となっています。

その他のChihiros高性能LED照明

ChihirosのおすすめLED照明
  • VIVIDⅡ
  • CⅡ RGB

Chihirosが出すLED照明には、他にもおすすめの高性能LED照明があるため簡単にご紹介します。

VIVIDⅡ

VIVIDⅡは、WRGBⅡシリーズと同様にRGBチップを使用しており、スマホアプリによる管理もできる吊り下げ照明です。

類似照明であるADAのソーラーRGBよりも高光量かつ多機能であるにも関わらず、価格は約5万円程で、ソーラーRGBよりも約3万円安く入手することができます。

kaido
kaido

ソーラーRGBが欲しいけど価格や入手方法の問題で購入できずにいる方は、VIVID2も検討してみてはいかがでしょうか。

色は”ブラック””シルバー”の2色があり、どちらもかっこいいデザインとなっています。

ブラック
シルバー

CⅡ RGB

CⅡ RGB
適応サイズ20~36㎝
本体サイズ(幅×奥行×高さ)240×60×14mm
定格出力20w
定格電圧(50/60Hz)AC100~240v
全光速1580㏐
RGB素子LEDチップ数40pcs
LED色RGB 3in1
定格寿命約50000h

CⅡ RGBも他のChihiros製品と同様に、RGBチップの使用とアプリ管理ができる高性能な小型水槽用LED照明です。

他のChihiros製品は45㎝水槽以上のサイズに使用するのが一般的でしたが、このCⅡ RGBは、30㎝水槽などの小型水槽やボトルアクアリウムなどにも使用することができます。

スポンサーリンク
アクアリウム北海道をフォローする
スポンサーリンク
アクアリウム北海道

コメント

タイトルとURLをコピーしました