アクア用品照明

【次世代型LED照明】進化したWRGB2プロの違いは?7つの性能を解説! 

スポンサーリンク

ChihirosのLED照明”WRGBⅡ PRO”の性能や”WRGBⅡ”との違いなどを詳しく解説していきます。

Chihiros WRGBⅡ PROとは

30㎝水槽用45㎝水槽用60㎝水槽用90㎝水槽用120㎝水槽用
適応サイズ・幅30~45㎝・幅45~60㎝・幅60~80㎝・幅90~110㎝・幅120~140㎝
本体サイズ(幅×奥行×高さ)300×140×18mm450×143×18mm 600×143×18mm900×143×18mm1200×143×18mm
定格出力37W56W74W110W138W
全光速3260㏐5000㏐6630㏐9250㏐11170㏐
RGB素子LEDチップ数30pcs50pcs60pcs90pcs120pcs
LED色RGB 4in1RGB 4in1RGB 4in1RGB 4in1RGB 4in1
定格寿命約30000h約30000h約30000h約30000h約30000h

”WRGBⅡ PRO”とは、Chihirosという中国のメーカーが出す高性能LED照明です。

Chihirosが出すLED照明には”RGBチップで鮮やかに照らす”、”スマホアプリでタイマーや調光ができる”などの特徴があり、水草もよく育つためどのLED照明もおすすめです。

ChihirosのおすすめLED照明
  • WRGBⅡ ← 人気の高性能照明
  • WRGBⅡ SLIM ← WRGBⅡの光量等を抑えたVer
  • VIVIDⅡ ← 超高性能吊り下げ照明
  • CⅡ RGB ← 小型水槽におすすめ

その中でも今回解説するWRGBⅡ PROは、人気LED照明であるWRGBⅡの上位互換とも言える性能になっていますので、進化したその性能に触れながら7つのおすすめ理由を紹介していきます。

7つのおすすめ理由

  1. RGB素子LEDチップを採用
  2. スマホアプリによる照明管理が可能
  3. 水草がしっかり育つ
  4. 吊り下げ照明が可能
  5. おしゃれなデザイン
  6. コストパフォーマンスが高い
  7. 安心の設計・対応

1.RGB素子LEDチップを採用

ChihirosのLED照明にはRGB素子LEDチップが使われているため、通常のLEDチップより水槽内をかなり鮮やかに照らしてくれます。

上記の写真は「WRGB2」とアクロの「TRIANGLELED LED GROW」を比較したものですが、水草の鮮やかさに違いがあるのがわかるかと思います。

kaido
kaido

肉眼では写真以上に色合いの違いがはっきりわかりますよ。

そしてWRGBⅡ PROとWRGBⅡの1番の違いとも言えるのが、チップ(RGB3in1)がRGB4in1に変わったことです。

もともとは1つのチップの中に赤・緑・青の3色が入っていましたが、PROでは新たに白が追加され、4in1チップになったためWRGBⅡよりも自然な見え方となりました。

さらに消費電力が約1.1倍に上がったものの、照明の寿命はそのままに全光束が約1.45倍にまであがり、より性能がアップされました。

2.スマホアプリによる照明管理が可能

搭載された機能
  • 発光強度の調整機能
  • タイマー機能

Chihirosが出す照明には、スマートフォンアプリによって光の色や強さを変えることができる”発光強度の調整機能”と点灯・消灯時間の設定や時間経過で徐々に明るくしていく等の設定ができる”タイマー機能”があります。

これらの機能は、iPhoneやAndroid等のスマホから専用の「My Chihiros」というアプリをインストールし、スマホと照明をBluetoothによって繋ぐことで使用できます。

kaido
kaido

設定完了後にBluetoothの接続を切ったり、電源プラグを一度抜いてから差し直したりしても設定は維持され、タイマー機能等も問題なく作動します。

発光強度の調整

アプリの「My Chihiros」によって、スマホから色や明るさなどを細く設定することができます。

例えば水槽をリセットして、「今回は陰性水草が多いので少し控えめの光量にしよう」などの調整もできるため、汎用性が高い照明とも言えます。

また、自分で細かく設定するのが面倒に思った場合は「fish」や「shrimp」等といったボタンを選択して用途に合った光量を設定することもできます。

タイマー機能

WRGB2 PROに搭載されたタイマー機能は、簡単に点灯・消灯を自動で行うことができるため、別売りのコンセントタイマーなどを使用する必要がなくなりました。

また、点灯開始から徐々に明るくしていくこともできるため、”日の出”のようにより自然環境に近い環境を再現することができます。

3.水草がしっかり育つ

60㎝水槽用であれば6630㏐もあり、かなりの明るさを確保することができます。

その上でWRGB2 PROは、水草の種類や環境に合わせて光量を調整することができるため、水草にとって理想的な環境を作りだし元気に育成することができます。

kaido
kaido

やや多い光量にも感じますが、調光機能があるため光量が多すぎて水草が成長阻害を起こすなどの心配もありません。

4.吊り下げ照明が可能

照明の設置方法には、通常の設置方法である「ライトリフト方式」とワイヤーを使用した「吊り下げ方式」があり、好みや環境に合わせて照明方法を選択することができる”二刀流”の照明です。

ただし、吊り下げ照明を行うには別売りの「専用ワイヤー」や吊り下げるための「吊り下げスタンド」が必要になりますので注意が必要です。

ライトリフト方式

メリット・デメリット

◎メリット

  • シンプルなシルエットがかっこいい
  • 取り付け方で高さの変更が可能
  • 安定感がある

◎デメリット

  • オープンアクアリウムには不向き
  • 照明に水汚れがつきやすい

こちらはよくある通常の照明設置方法で、付属のリフトスタンドを水槽の縁に引っ掛けて設置します。

吊り下げ方式

メリット・デメリット

◎メリット

  • オープンアクアリウムに適している
  • 水槽のメンテナンスが行いやすい
  • 水汚れがつきにくい

◎デメリット

  • 地震の影響が受けやすい
  • 別売りの「ワイヤー」,「吊り下げスタンド」が必要

WRGBⅡ PROは、水槽上部を開放的にさせる「吊り下げ照明」として使用することができます。

吊り下げ照明を行うには、本体の照明以外に「専用ワイヤー」「吊り下げ用スタンド」が必要となります。

5.おしゃれなデザイン

WRGBⅡ PROは、ブラックのシンプルなデザインがかっこよく、どんなレイアウトの水槽ともマッチします。

ライトリフト方式と吊り下げ方式でそれぞれ異なった印象の見た目になり、変化を楽しむこともできます。

また、直下照度をアップさせる専用のシェードを使用することでさらに一味違った見た目になります。

kaido
kaido

個人的には、吊り下げ照明にするときはシェードを使用したい派です。

6.コストパフォーマンスが高い

WRGB2 PROは、ADAの「アクアスカイRGB」等の照明と同程度のスペックを誇り、アプリによる照明管理が可能という機能も持ちながら、「アクアスカRGB」よりも1万円ほど安価という驚きのコストパフォーマンスになっています。

高性能かつなるべく安価のLED照明をお探しの方にはおすすめの照明となっています。

7.安心の設計・対応

安心の理由
  • 放熱板による熱対策
  • 販売代理店による保証対応
  • 電気用品安全法(PSE)の認定
  • 電波法 技術基準適合証明の取得

Chihiros製品は中国生産のため、安全性や故障トラブル等が不安になる方もいるかと思いますが、販売代理店の存在やPSE認定を受けている等の理由から私も安心して使用しています。

放熱板による熱対策

高性能LED照明等は熱を持ってしまうため、故障や事故を防ぐためにも放熱するための工夫が必要になってきます。

WRGBⅡ PROは空気に触れる面積をなるべく増やした放熱板を使用することで熱対策を行っています。

販売代理店による保証対応

通常海外の商品を使用する場合は個人で取り寄せることになるため、発送・故障トラブルの不安がつきものでした。

しかし、現在は「有限会社 ラボック」さんが販売代理店となり、保証対応してくれるようになったため、安心して購入することができます。

また、写真はWRGBⅡになりますが、部品が細かく分かれているため、部品交換がしやすいのも特徴です。

電気用品安全法(PSE)の認定

国内には電気用品安全法(PSE)というものがあり、PSEの基準に適合しているという認定がなければ輸入業者は輸入や販売をすることができません。

WRGBⅡ PROはこのPSEの認定を受けているため、国内でも安心して使用することができます。

電波法 技術基準適合証明の取得

Bluetooth等の電波を発生する製品は、電波法の定める技術基準に適合していることを証明する技術基準適合証明の取得が必要となり、WRGBⅡ PROは総務省が許可した証明機関の検査を実施して技術基準適合証明を取得しています。

次世代の高性能LED照明!

WRGBⅡをさらにパワーアップさせたWRGBⅡ PROは、スマホアプリによって最適な光にすることができ、水草をより元気に成長させます。

水槽用LED照明の中でもトップクラスの性能とコストパフォーマンスになっていますので、よりこだわった水槽を作りたい方は、ぜひ試してみてはいかがでしょう。

WRGB2シリーズの違い

上記でも触れたように、ChihirosのLED照明には”WRGB2 SLIM”・”WRGB2”・”WRGB2 PRO”の似た照明があり、それぞれの性能は異なります。

そうなると、「WRGB2のSLIMやPROはそれぞれ何が違うの?」、「どれを選んだら良いか迷ってる」思われる方もいらっしゃると思います。

そこで、下記記事でWRGB2シリーズの5つの違いについてまとめましたので、お悩みの方はぜひ参考にしていただければと思います。

スポンサーリンク
アクアリウム北海道をフォローする
スポンサーリンク
アクアリウム北海道

コメント

タイトルとURLをコピーしました