アクア用品レイアウト・管理

【電気料金計算シュミレーター】アクアリムにかかる電気代は?

スポンサーリンク

アクアリムにかかる電気代

アクアリムでは、フィルター・照明・エアレーポンプ・ヒーターなどを使用して管理しますが、それぞれに電気代がかかります。

水槽一台を維持するのにかかる1カ月の電気代は、安く見積もると約540円程です。ただし、使用する製品や契約している電気料金によって差ができるため、あくまで目安として考えてください。

では上記の4つの製品について解説していきます。

①フィルター

アクアリムには欠かせないのがろ過フィルターで、汚れや有害物質等を取り除き、綺麗な水を保つ役割があります。また、フィルターの種類には上部・外部・底面・投げ込み・外掛け・スポンジ等があり、それぞれにメリット・デメリットがあります。

フィルターは、24時間フルで稼働させておくものですが、月の電気代の目安は90~160円程で思ったいたよりかかりません。

②照明

照明には、鑑賞を楽しむため以外にも生体の調子を整えたり、水草を成長させたりする役割があります。電気代もピンキリで、コストパフォーマンスの高いLED照明の場合でも40~400円以上となっています。

高性能LEDで人気の「アクロ TRIANGLE LED GROW 600」(消費電力29.4w)を例に上記のシュミレーターで計算すると、1日10時間使用した月の電気代は238.14円になります。

水草を綺麗に育てようと考えているのであれば、高光量が必要になるため、消費電力が高いものを目安にすることが多いです。

※人気のおすすめLED照明は下記記事をご参照ください。

③エアーポンプ

水槽内に酸素を供給させるためにエアーポンプを使用してエアレーションを行います。エアーレーションとは、簡単に言うと水槽内でよくみる「ぶくぶく」のことです。生体や水草、バクテリアなどを元気にさせる役割があり、水槽を美しく保つためにも非常に重要です。

※エアレーションの必要性についてはこちらをご確認ください。

水草をたくさん育成しCO2添加を行っている場合には、日中のエアレーションを避けますが、酸素を発生する水草を育成していない場合には24時間稼働させる必要もでてきます。

エアーポンプの消費電力は少ないため、24時間使用しても20~60円/月程です。

④ヒーター

ヒーターの消費電力は80~300w4程で、他のアクアリム製品と比較するとかなり消費電力が高くなっているため、1番電気代がかかります。

基本的にヒーターは冬季の気温が下がる時期に使用するため、年間の平均月額料金に換算すると以下の表のようになります。

水槽サイズごとの料金
  • 80w…40㎝水槽以下(1555円/月) ⇒ 388.75円/月(年間月額料金)
  • 100w…45㎝水槽以下(1944円/月) ⇒ 486円/月(年間月額料金)
  • 150w…60㎝水槽以下(2916円/月) ⇒ 729円/月(年間月額料金)
  • 200w…75㎝水槽以下(3888円/月) ⇒ 972円/月(年間月額料金)
  • 300w…90㎝水槽以下(5832円/月) ⇒ 1458円/月(年間月額料金)

電気代まとめ

アクアリウに使用するフィルター・照明・エアーポンプ・ヒーター電気代は約540円程が目安となります。

フィルター90円~
照明40円~
エアーポンプ20円~
ヒーター390円~
総計540円~

ご自身の正確な電気代が知りたい場合には、ページの右上部分にある「電気代計算」からもご利用いただけます。

スポンサーリンク
アクアリウム北海道をフォローする
スポンサーリンク
アクアリウム北海道

コメント

タイトルとURLをコピーしました