アクア用品照明

【GEXクリアLEDパワーⅢ】性能とおすすめ理由を紹介!

スポンサーリンク

低価格・高性能で人気のGEXクリアLEDパワー3の性能の評価やおすすめポイントを解説していきます。

GEXクリアLEDパワーⅢ 600

定格電圧AC100V(50/60Hz)
定格消費電力17.5w
光束1000ルーメン
演色性Ra78
本体サイズ幅60.7×奥行き8.5×高さ2.1cm
アダプターコード長約1.8m

GEXクリアLEDパワーⅢ」は、低価格と高性能の利点を兼ね備えたコストパフォーマンスが高いLED照明です。

値段を気にしないのであれば、アクアスカイRGBなどの高性能照明はいろいろありますが、何万円もするので、「さすがにそこまでは…」という方も多いのではないでしょうか。

かといって安すぎる照明では水草が元気に成長しないこともありますので、ある程度の性能は必要になります。

低価格と高性能を求めた場合、一番おすすめできるのがこの「GEXクリアLEDパワーⅢ」になります。

5つのおすすめ理由

①高い演色性

演色性はRa78となっており、これは自然光が当たったときの色をどの程度再現しているかを示す指標です。
最大Ra100ですので、なかなか高い演色性と言えます。

照明が明るく、水槽内全体を照らすことができます。

②育成に重要な赤・青のチップを使用

GEXクリアLEDパワーⅢは、植物の育成に必要な赤・青のLEDチップを使用しており、スイッチで切り替えることができます。
植物育成のためには、基本的に全てのチップを点灯させておくのが良いですが、観賞用として青だけにしてみたりすることもできます。

③コストパフォーマンスが高い

明るさの基準として目安にされる消費電力ですが、GEXクリアLEDパワーⅢの消費電力は60㎝水槽用で17.5wと、ほぼ同価格である他の照明(kotobuki フラットLED13w)等と比較しても高い値となっています。

そのため、同価格のLED照明の中では、コストパフォーマンスが抜群に高いと言えます。

④スタイリッシュなデザイン

シルバーで無駄のないデザインはおしゃれで、水槽の外観を壊すこともありません。

⑤設置位置が広く簡単

ライトリフトを本体に差し込み、水槽の淵にはめ込むことで簡単に設置ができます。

また、本体に差し込んだライトリフトは、本体の端から端まで動かすことができるため、少し小さい水槽であっても設置することができます。

気になる点

光量不足が否めない

高光量が必要な水草には、やや光量が足りません。
綺麗な赤系の水草に育てたり、絨毯作りとして使われるグロッソスティグマ等を匍匐させるには、2灯必要とします。

意外とGEXクリアLEDパワーⅢを2灯使用している人は多く、私自身も2灯で使用しています。

ライトリフトが外れやすい

照明を動かした際に、傾けてしまうと簡単にライトリフトが外れて落下してしまいます。

メンテナンス時に水槽内に落としてしまうこともありますので、注意が必要です。

もう1ランク上の照明

もう1ランク上の性能を求める方には、「アクロ TRIANGLE LED GROW」がおすすめです。
GROWも植物の成長に必要な赤と青の光を使用しており、グロッソスティグマの絨毯作りも可能な光量(消費電力29.4W)があります。
このスペックで60㎝水槽用の価格は約1万円前後のため、多くのアクアリストから人気を集めています。

また、LED照明でありながら、吊り下げ設置が可能という利点もあり、オープンアクアリウムにも適したおしゃれな照明となっています。

詳細情報は下記記事に記載していますのでご参照ください。

スポンサーリンク
アクアリウム北海道をフォローする
スポンサーリンク
アクアリウム北海道

コメント

タイトルとURLをコピーしました