アクア用品

アンビリーバブル「L-type」と「U-type」どっちがおすすめ?

スポンサーリンク

気泡が細かく低コストで人気のCO2ディフューザー(拡散器)アンビリーバブルには、「L-type」と「U-type」があり、どちらを購入するか迷われる方もいるのではないでしょうか。

そこで、両タイプを使用している私が、その違いやどちらがおすすめかを紹介したいと思います。

アンビリーバブル CO2ディフューザー

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: cats-2-1024x683.jpg

アンビリーバブルのCO2ディフューザーは、高性能・低価格のかなりおすすめできるディフューザー(拡散器)です。

種類は、「アンビリーバブルCO2 L-type」と「アンビリーバブルCO2 U-type」の2つがあり、どちらも優秀なディフューザーとなっていますが、個人的には「アンビリーバブルU-type」の方がおすすめです。

では、両者の違いやおすすめの理由を解説していきます

L-typeとU-typeを比較

形状の違い

L-typeU-type
本体サイズ(幅X奥行X高さ)2×1×3.5cm(幅X奥行X高さ)3×1×8cm
本体重量0.005kg0.007kg

L-typeとU-typeは、文字通りそれぞれ「L」と「U」の形になっています。

全体的なサイズに関しては、U-typeのほうが大きく、ストーン部分だけ見ればL-typeの方が大きくなっています。

気泡の大きさ

気泡はどちらも非常に細かく、特に大きな違いはありません。
気泡の大きさに関しては、どちらを購入しても満足できるでしょう。

バブルカウンター機能

大きな違いとして、バブルカウンター機能があるかどうかです
バブルカウンターとは、CO2添加量を調整する際の目安となるもので、〇秒〇滴などど表現します。

U-typeには、バブルカウンター機能がついていますが、L-typeにはついていません。
そのため、バブルカウンターを別で用意しなくても良いU-typeの方が使いやすくなっています。

ちなみにバブルカウンターによるCO2添加量の目安は、商品によって異なったりすることもあります。

価格

最安価だとL-typeは約900円+送料U-typeは約700円+送料で購入することができ、金額はU-typeのほうが安くなっています。

※価格は変動している可能性があります。

アンビリーバブルU-typeがおすすめ!

CO2に重要な気泡の大きさは、どちらも同じくらい細かく優秀ですが、バブルカウンター機能があり、費用も若干安いアンビリーバブルU-type」の方がおすすめです。
また、デザイン性も高く、おしゃれな水槽を演出してくれます。

もしどちらを購入するかで迷った場合には、「U-type」にしておくと良いでしょう。

スポンサーリンク
アクアリウム北海道をフォローする
スポンサーリンク
アクアリウム北海道

コメント

タイトルとURLをコピーしました