アクア用品

【CO2拡散器】アンビリーバブルU-type 5つのおすすめ理由

スポンサーリンク

CO2ディフューザーには多くの種類がありますが、その中でも特におすすめなのが「アンビリーバブル CO2 U-type」です。
水槽にCO2を添加する上で、ディフューザーは非常に重要な役割を果たす器具であり、その効果は商品によって大きな差が出てきます。

そんな数あるディフューザーの中で、「アンビリーバブル2 CO2 U-type」をおすすめする5つの理由を詳しく説明していきたいと思います。

アンビリーバブルCO2 U-type

本体サイズ (幅X奥行X高さ)3×1×8cm
拡散筒部直径1.7×長さ2.6cm
本体重量0.007kg

おすすめ理由でもあるアンビリーバブル2 CO2 U-typeの特徴は、なんといっても安い・丈夫・極小気泡の3つです。
高機能なのに安いというコスパ最強の商品で、愛用しているアクアリストも多くいます。

また、サイズは3つあり、一番大きい「U-Bigtype」は幅3.2×奥行2.4×高さ10cmとなっています。
上記の表のサイズは一番小さいサイズのものになり、~45㎝水槽におすすめです。(私は60㎝水槽に使用していますが、得に問題ありません)

※2021年現在、新モデルの『アンビリーバブル2』が販売されており、旧モデルよりも泡が細かく均一になっています。

似た商品として、「アンビリーバブルCO2 L-type」や「アンビリーバブルAIR-BigU-type」がありますが、後者はエアレーションまたは、発行式二酸化炭素用の商品です。

5つのおすすめ理由

①気泡が細かい

アンビリーバブルは、とても細かい気泡を出すことができます。
他の高額な商品よりも細かな気泡を出すことができるため、とても優秀なディフューザーです。

気泡の細かさは、水に二酸化炭素が溶けやすいということであり、効率の良いCO2添加に繋がっていきます。

②丈夫で壊れにくい

アンビリーバブルは高い透明感がありますが、実はガラス製ではないため割れる可能性はかなり低いです。
ほかのガラス製のディフューザーは、チューブの抜き差し時の力みやぶつけた時の衝撃で割れてしまうことが多いですが、アンビリーバブルはそういった心配はありません。
実際に私もガラス製のディフューザーを2回程破壊したことがあります。

意図的に変な方向へ力を加えると破損はしますが、普通に使用していて壊してしまうということはあまりないでしょう。

③価格が安い

令和になった今でも900円前後で購入することもできるため、非常にコストパフォーマンスが高いディフューザーです。
※価格は変動している可能性があります。

ディフューザーは消耗品と考えている人には特におすすめです。
もちろん、メンテナンスをしっかり行えば長く使用することもできます。

④カウンターがついている

U-typeには、バブルカウンター機能がついており、添加量の目安を確認することができます。

別売りのバブルカウンターとどれくらいの差があるか検証していないためはっきりとはわかりませんが、私が使用した感じではほぼ同じ目安として使用できています。

「〇秒〇滴添加」などはあくまで目安程度であり、大事なのは自分の水槽にあったCO2量を添加することですので、「アンビリーバブル2 CO2 U-type」 についているカウンター機能は、十分な目安として使用できます。

⑤汚れが目立たない

多くのディフューザーのストーン部分は白色で、苔などの汚れが目立ち、外観を損ねてしまうことがありましたが、アンビリーバブルのストーン部分は茶色になっているため、目立ちにくくなっています。

たしかに白色の方が苔の付着などを確認しやすいですが、苔の付着があれば気泡の出が悪くなっていき、汚れに気が付くことができるため、外観を損ねてまで目立たせる必要はありません。
メンテナンスも、キッチンハイターや漂白剤( 界面活性剤が使われていないもの)につけて行うことできれいにできますので、あまり視覚で確認できる必要ないのです。

おしゃれな茶色のストーンは、水槽の外観を壊しにくいのも嬉しい点です。

こんな方におすすめ!

CO2添加が初めての方

CO2添加が初めての方は、ガラス製のものを使うと接続時に破損してしまう可能性も高いため、丈夫なアンビリーバブルがおすすめです。
バブルカウンター機能付きのため、別で揃えて接続する必要もないため、作業・準備が少し楽になります。

おそらく、他のディフューザーに関する情報も少ないと思いますので、特にこだわりがない方は、多くの人が支持するアンビリーバブルにしておいて失敗はないでしょう。

ディフューザー選びに迷っている方

ディフューザーにはいろんな種類が存在し、種類によって気泡の大きさやデザイン、使いやすさが変わってくるため実際に使ってみないと良いかどうかわからないものです。
そうなると、失敗したときに無駄な出費が増えてしまいます。

私自身も2~3000円ほどのディフューザーを数回購入したことがありますが、結局すぐ気泡が大きなってCO2添加の効果が薄いものばかりだったので、最初からアンビリーバブルにしとけばよかったと感じた経験があります。

アンビリーバブルは多くの人が支持する人気の商品ですが、万が一好みに合わなくても1000円程の出費で済みますので、迷っている方にもおすすめです。

コスパ最強を求めている方

アンビリーバブルは安い・丈夫・極小気泡のが特徴のコスパ最強と言っても過言ではない商品です。

あまりお金を掛けたくないけど良いものが欲しいという方にはぴったりのディフューザーです。

ADAなどの商品が好きな方もいますが、コスパで選ぶなら間違いなく最強のCO2ディフューザーです。

愛用者が多いアンビリーバブル!

アンビリーバブルは、国外でも利用者がいるほど人気の商品で、CO2添加が初めてという方にも非常におすすめです。

ディフューザー選びに迷ったら「アンビリーバブル2 CO2 U-type」にしておいて損はありません。
水槽内の気泡がとても美しいですので、より充実したアクアリウム生活となるでしょう。

スポンサーリンク
アクアリウム北海道をフォローする
スポンサーリンク
アクアリウム北海道

コメント

タイトルとURLをコピーしました