水草前景草中景草

クリプトコリネ ウェンティー ブラウンの特徴と育成方法【初心者おすすめ!】

スポンサーリンク

クリプトコリネ ウェンティー ブラウンとは

学名・流通名:Cryptocoryne wendtii var.”brown”

クリプトコリネ ウェンティー ブラウンはサトイモ科の植物で、緑色や茶色等が混ざった暗めの葉を展開していくのが特徴です。

水質や光量等によってサイズや色の濃さ、葉の質感等に違いが現れます。

育成が簡単でレイアウトにも使いやすいため、初心者からベテランまで多くの方に人気の水草となっています。

育成環境

〇育成難易度★★☆☆☆

育成難易度は低く、幅広い水質に対応できるため初心者の方でも問題なく育成できます。

水質の変化によって葉が溶けてしまうことが多いですが、溶けた後は水質に適応した葉が生えてきますのであまり心配はありません。

〇光量

  • 低光量でも可

〇CO2

  • なくても可

〇水温

  • 20~28度

〇水質

  • 弱酸性~中性(pH5.5~7.0)
  • 軟水

〇活着

  • ソイルや砂利等に植えるのがおすすめ

〇増やし方

  • ランナー

どうすればランナーで株が増えていくのは明確になっていませんが、ソイル等に植えて育成していたら「気が付いたら増えていた」ということが多いです。

暗めの葉が魅力のミクロソリウム

クリプトコリネ ウェンティー ブラウンは緑色や茶色が混ざった暗めの葉が美しく、前~中景草としておすすめの水草です。

30㎝等の小型水槽よりも、60㎝以上の水槽でレイアウトを組んだ方が水槽内のゆとりがあって美しさが際立ちます。

流木や石、後景草の根元付近に植えてあげると人工感が消えて、レイアウトの自然感が高まります。

スポンサーリンク
アクアリウム北海道をフォローする
スポンサーリンク
アクアリウム北海道

コメント

タイトルとURLをコピーしました