水草前景草中景草

ストロギネレペンスは前景で群生させるのがおすすめ!

スポンサーリンク

前景~中景としておすすめなストロギネレペンスの育成情報を紹介していきます。

ストロギネレペンスとは

学名:Staurogyne repens

ストロギネレペンスはキツネノマゴ科の有茎草であり、明るいグリーンの葉が特徴です。
2、3本だけだとスカスカで味気のない感じなってしまいますが、群生させるとよりストロギネレペンスの美しさを引き出すことができます。

高さは最大10㎝程度ですので、前景~中景にかけて使用できます。

育成環境

〇育成難易度★★☆☆☆

育成だけであれば高光量もCO2添加も必要がないため、比較的育成しやすい水草です。

ただ成長速度が遅く、苔が付きやすいため、ミナミヌマエビやオトシンクルスなどの生体による苔対策が必要になってきます。
ヤマトヌマエビによる食害には注意が必要です。

〇光量

  • 20W3灯以上が理想

光量が強いほど匍匐して成長するため、前景草としても使用できます。

育成だけであれば、低光量であっても可能ですが、物凄く成長が遅くなり、苔の被害に遭ってしまう可能性もあります。

また、重なり合った葉に光が当たらないと枯れてしまいますので、枯れた葉や苔が付着した葉は積極的に切り落としていくにしましょう。

〇CO2

  • 添加無しでも育成可

CO2添加したほうが状態がよく、成長速度も上がるため、添加をおすすめします。

〇水温

  • 20~28度

〇水質

  • 弱酸性~弱アルカリ性
  • 軟水~中硬水

〇活着

ソイル等の底床に植えることをおすすめします。

〇増やし方

  • 差し戻し

ストロギネレペンスは群生させよう!

ストロギネレペンスは1本単体で育成すると、かなり淋しい感じになってしまいますが、群生させると見応えのあるレイアウトになりますので、積極的な差し戻しを行って増やしていきましょう。

また、群生は稚エビなどの隠れ家にもなったりします。

明るいグリーン系の前景~中景草を探している方は、ストロギネレペンスをおすすめ致します。

スポンサーリンク
アクアリウム北海道をフォローする
スポンサーリンク
アクアリウム北海道

コメント

タイトルとURLをコピーしました