中景草水草

【タイガーロータス グリーン】中景草におすすめ!大きい葉と模様がアクセントに!

スポンサーリンク

タイガーロータスグリーンの育成条件を解説していきます。

タイガーロータス グリーンとは

学名: Nymphaea lotus

タイガーロータス グリーンは、スイレンの仲間で細い茎から赤っぽい模様が入った緑色の葉を展開します。

育成環境によって葉のサイズが大型化することもありますので、最低60㎝水槽以上で育成することをおすすめします。

また十分な光量があると水中で育成できますが、スイレンのように葉が水面に浮いた”浮き葉”を展開することもあります。

育成環境

葉を大きくしたい場合の環境
  • 高光量
  • 栄養豊富なソイル
  • CO2添加
葉を大きくしたくない場合の環境
  • 低光量
  • 吸着系等、栄養が少なめのソイル
  • CO2添加なし

〇育成難易度★★☆☆☆

基本的に育成難易度は低く、放置しておくだけでどんどん葉を展開してくれます。

ただ、水質の変化に弱く葉や茎のダメージも受けやすいため別の水槽に移動した際は葉が溶けてしまう可能性があります。

水槽に植える際は、なるべく負担をかけないように優しく植えてあげましょう。

もし葉が溶けてしまっても水質に慣れれば新しい葉が展開してきますので特に心配はいりません。

〇光量

  • 低光量でも可

茎が真上に高く伸びないようにしたり、模様を美しくしたい場合には、光量はしっかり確保した方が良いです。

「じゃあどんな照明がいいの?」という方は、性能が高く、水草育成に適した「アクロ TRIANGLEトライアングル LED GROWグロウ 600」がおすすめですので、下記記事をご参照ください。

〇CO2

  • 添加なしでも可

〇水温

  • 20~28度

〇水質

  • pH6.0前後(弱酸性~中性)
  • 軟水

〇活着

  • ほぼしないため、ソイル等に直植する

〇増やし方

  • 株分け

中景草におすすめ!

タイガーロータスは葉が大きく、模様も美しいため人気の水草です。

中景草として群生させれば、自然感をより強く出しくれるため、水草水槽としてもおすすめです。

また、タイガーロータスの赤系バージョンが気になる方はこちらの記事をご参照ください。

スポンサーリンク
アクアリウム北海道をフォローする
スポンサーリンク
アクアリウム北海道

コメント

タイトルとURLをコピーしました