水草アクア用品レイアウト・管理水草の不調水草育成のコツ

微量元素の補給で水草を鮮やかに!エレメントカラー グリーンBの5つの特徴!

スポンサーリンク

微量元素をバランス良く配合した液肥”エレメントカラー グリーンB”の特徴を紹介していきます。

エレメントカラー グリーンB

エレメントカラー グリーンBには、鉄分・モリブデン・マンガン等の微量元素がバランス良く配合されており、添加によって不足栄養素を補うことでより水草を鮮やかに育成させることができます。

特に栄養系ソイル等を使用していない場合は、エレメントカラー グリーンBの添加をおすすめします。

5つの特徴

特徴
  1. 不足しやすい微量元素等を複数配合
  2. 水質に影響を与えない
  3. コストパフォーマンスが高い
  4. 即効性が高い
  5. 藻類の発生しやすい環境を改善

1.不足しやすい微量元素等を複数配合

エレメントカラー グリーンA、Bを使用して育成した水槽

エレメントカラー グリーンBには欠乏を起こしやすい鉄分、モリブデン、マンガン等の重要な微量元素がバランス良く配合されているため、添加して栄養量を整えることで水草をより鮮やかに育成することができます。

水草の成長には栄養素が大きく関係し、特に3大栄養素(窒素・リン・カリウム)が重要とされていますが、鉄分などの微量元素が不足しても調子を崩してしまうため、どの栄養素もバランスよく与えることが大切です。

2.水質に影響を与えない

エレメントカラー グリーンB自体のpH帯は弱酸性ですが、液肥の添加量が20ℓに対して1滴のため添加量的にもpHに大きな影響を与えるようなことはほぼありません。

熱帯魚やエビなどの生体がいる水槽でも安心して使えますよ!

3.コストパフォーマンスが高い

毎日20ℓに対して1mlの量で複数の栄養素を添加することができるため、非常にコストパフォーマンスが優れています。

60cm水槽であれば500ml用で5ヶ月以上持つ計算になり、必要添加量、栄養素の量などからも他のメーカーが出す液肥よりかなりコスパは良いです。

4.即効性が高い

エレメントカラー グリーンBには即効性があり、バランスよく配合された栄養素を水草がすぐに利用することができます。

5.藻類の発生しやすい環境を改善

富栄養化した水槽の過剰な栄養塩を水草に効率よく吸収させる働きがあります。

これにより、藻類発生しやすい環境を改善してより綺麗な水草水槽を作り上げます。

エレメントカラー グリーンAとの併用もおすすめ

エレメントカラー グリーンAとの併用がおすすめで、3大栄養素(窒素・リン・カリウム)やカルシウム、ビタミンC、マグネシウム、鉄、亜鉛、モリブデン等が理想的に配合されているため、より水草の成長に必要な栄養を与えてあげることができます。

これにより、水草が元気で鮮やかな状態に育ちます。

水槽の状態に合わせて添加量は調整!

グリーンA、Bともに添加量の目安は20ℓに対して1mlとなっておりますが、水草の状態や水質、コケの発生具合などから添加量を調整することが大切となります。

例えば水槽内のpHや硬度が高い状態では、多くの水草が調子を崩してしまい、いくら栄養を添加しても消費することができず、むしろコケが増えて悪影響を及ぼす場合があります。

このように水槽の状態に合わせて添加量を調整することは非常に重要ですので、毎日少しでも水槽を観察するようにしましょう。

スポンサーリンク
アクアリウム北海道をフォローする
スポンサーリンク
アクアリウム北海道

コメント

タイトルとURLをコピーしました