レイアウト・管理

【水草が枯れる原因と対策】水草を綺麗に育成する5つの方法!

スポンサーリンク

新しく購入した水草が枯れてしまった、あるいは以前から育成していた水草の調子悪いといった悩みを抱える方も多いと思いますので、水草が枯れる原因や綺麗に育成する方法を紹介していきます。

水草が枯れる原因

まずは水草が枯れてしまう主な原因を解説していきます。

その1:光量不足

水草は陸上に生えている植物と同じで、光合成を行って成長します。そのため、光が弱い環境だとうまく光合成が行われず、枯れてしまうこともあります。

その2:水質

水質が安定していなかったり、餌の食べ残しや糞等で水が汚れてしまっていると下部分から水草が溶けていってしまいます。

一般的に入手のしやすい水草は弱酸性を好むものが多いため、弱酸性に傾けてくれて栄養もあるソイルを使用すると良いでしょう。

その3:食害

食害とは、熱帯魚やエビ(特にヤマトヌマエビ)等に水草を食べられてしまうことで、柔らかい葉の水草が特に被害に遭いやすいです。葉に穴が開いていたり、ちぎれたように葉がなくなっている場合は、食害に遭っているでしょう。

コケ対策としてヤマトヌマエビ等を入れすぎてしまうと、コケがなくなってきたら水草も食べるようになってしまうため、調整が必要になります。

その4:コケ被害

コケが付着してしまうと光合成がうまくできなくなったりして成長を阻害してしまいます。コケは光量や栄養が多すぎたりすると発生してしまうため、こまめに換水をおこなったりして水中内の余分な栄養を減らしてあげる必要があります。

水草を綺麗に育成する5つの方法

①高光量照明を使用する

安価な照明は光量が弱く、観賞用として水槽内を照らす程度の物になってしまうため、水草を綺麗に育成するには不向きな照明です。水草をしっかり成長させたい場合には、高光量の照明を選ぶ必要があります。

光量は、LED照明の明るさを表すルーメン(lm)消費電力(w)を用いて比較するのが一般的です。

おすすめのLED照明

※㏐は60㎝水槽用で比較

②栄養

水草に必要な肥料を与えてあげる必要があります。また、底砂にはソイル(栄養がある土)がおすすめです。

水草には窒素・リン・カリウムの3つの栄養が重要と言われており、水草を元気に育成するためには欠かせない栄養素です。それぞれについて簡単に紹介していきます。

窒素

窒素は、糞や餌の食べ残しから発生するアンモニアや分解されてなる亜硝酸塩からも濃度を増し、水草の栄養としてある程度必要になります。

生体を飼育していれば、不足状態になることはあまりなく、過剰状態になってしまうことの方が多いでしょう。そうなると、アンモニアは生体に有害なため換水の必要性へがでてきます。

リン

水草の育成に欠かせない栄養素の一つですが、窒素同様に餌の食べ残しなどによって供給されるため、特に追肥する必要はないものです。

カリウム

上記2つのの栄養素とは違い、カリウムは水槽内で自然発生しやすいものではないため、水草を元気に育成するためには追肥が必要になります。

③CO2添加

水草育成にCO2添加は非常に有効な方法で、CO2添加環境と無添加環境では下記の写真のような色やサイズ等の違いが現れます。

ロタラマクランドラという種類の同サイズの水草を3週間程育成しましたが、光量に違いをつけていたものの、はっきりとした差がでました。

CO2添加って難しそうとか思ったりするかもしれませんが、意外と簡単で男女年齢問わず多くの人が行っています。CO2添加に興味がある方は、下記の記事を参考にしてみてください。

④エアレーション

エアレーションは熱帯魚たちの酸素を確保するだけではなく、バクテリアを活発化させ水質を安定させるという役割ももっています。また、水を循環させる効果もあり、綺麗な水を保つために非常に重要です。

安定した水質が作られた結果、水草たちも元気に成長を始めるため特に夜間のエアレーションは必ず行うようにしましょう。

⑤傷んだ葉を切り落とす

傷んだ葉は積極的に根元から切り落としてください。切り落とすことで他の葉や新芽に栄養を回すことができるからです。もったいないと感じるかもしれませんが、傷んだ葉が復活することはないため、割り切って行うようにしましょう。

また、枯れた葉などは水質を悪化させてしまうため、水槽内から取り除くようにしてください。

高光量・CO2・栄養は欠かせない

水草を上手く育てるには、何か1つだけ対策しておくというやり方ではなく、全体の状態を見ながら調整していくやり方が大切になります。上記で紹介した方法はどれも重要ですが、中でも高光量・CO2・栄養は水草の成長を大きく左右するため、美しく育成するためには必須とも言える存在です。

これらを押さえて、理想の水槽を作り上げていってほしいと思います。

スポンサーリンク
アクアリウム北海道をフォローする
スポンサーリンク
アクアリウム北海道

コメント

タイトルとURLをコピーしました