水草中景草

【ミクロソリウム・プテロプス ソードリーフ】シンプルかつスリムな葉が特徴!

スポンサーリンク

ミクロソリウム プテロプス ソードリーフの育成条件を解説していきます。

ミクロソリウム・プテロプス ソードリーフとは

学名・流通名:Microsorum pteropus var

ミクロソリウム プテロプス ソードリーフの育成条件を解説していきます。

葉の太さは、ミクロソリウム プテロプスより細く、ナローリーフよりも太い葉となっています。

見た目はシンプルであり、レイアウトに使いやすい水草です。

育成環境

〇育成難易度★☆☆☆☆

他のミクロソリウム種ち同様に幅広い水質や光量に対応しできる丈夫な水草なため、育成は容易となっています。

ただし、硬度の上がり過ぎやシダ病に注意しましょう。

〇光量

  • 低光量でも可

〇CO2

  • 添加なしでも可

〇水温

  • 20~26度

〇水質

  • 弱酸性~中性(pH5.5~7.0)
  • 軟水

〇活着

  • 流木や石等に活着させるのがおすすめ

〇増やし方

  • 株分け
  • 葉から子株が発生

圧迫感を抑えたスリムな葉!

ミクロソリウム・プテロプス等の大きい葉を持つ水草を密生させると、水槽サイズによっては圧迫感を与えてしまいますが、ミクロソリウム プテロプス ソードリーフのように葉が細いと、圧迫感を抑えて密生してくれます。

中景草としておすすめの水草ですので、中景部分に空きがある場合方はソードリーフを使用してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
アクアリウム北海道をフォローする
スポンサーリンク
アクアリウム北海道

コメント

タイトルとURLをコピーしました