中景草後景草水草

【ルドウィジア トルネード】ユニークなねじねじの葉が魅力!おすすめの有茎草

スポンサーリンク

ルドウィジア インクリナータ トルネードの育成条件や増やし方などを解説していきます。

ルドウィジア インクリナータ トルネードとは

ルドウィジア インクリナータ トルネード(水中葉)

学名・流通名:Ludwigia inclinata var.verticillata“Tornado”

ルドウィジア インクリナータ トルネードとはルドヴィジアの仲間で、名前の通りねじれた葉を展開するのが特徴です。

ねじれ葉は小さく細かいため、あまり圧迫感を与えることもありません。

色は明るい緑で、先端部分の新しい葉は白~ピンク色の葉を展開するため、グラデーションっぽく見えて綺麗です。

育成環境

〇育成難易度★★☆☆☆

”弱酸性の軟水”を保っていれば、育成難易度は高くありません。

ロタラ系のように密生させるよりも数本ずつ植えて育成してあげる方が、葉の重なりが少なく、綺麗に育てることができます。

密生させて育成すると、ごちゃごちゃした感じになってしまい、魅力が半減してしまいます。

〇光量

  • 高光量の方が綺麗育つ

〇CO2

  • 添加した方が綺麗に育つ

〇水温

  • 20~28度

〇水質

  • 弱酸性~中性(pH5.5~7.0)
  • 軟水

〇活着

  • ほぼしないため、ソイルに植えて育成するのがおすすめ

〇増やし方

  • 差し戻し

茎を切って植え直す作業を繰り返すことで増やしていくことができます。

ただし、切り取って残った部分は、差し戻しを繰り返していく度に弱ったり古くなっていったりしますので、元気がなくなってきた場合は思い切って入れ替えてしまいましょう。

鮮やかなねじれ葉が美しい!

ルドウィジア インクリナータ トルネードのねじれ葉は鮮やかでユニークな形をしているため、目を引く存在になります。

決して悪目立ちするわけではなく、他の水草ともマッチしながら美しさを出してくれます。

個人的にお気に入りの水草で、育成もしやすい水草となっています。

スポンサーリンク
アクアリウム北海道をフォローする
スポンサーリンク
アクアリウム北海道

コメント

タイトルとURLをコピーしました