アクア用品照明

【アクロ トライアングル ブライト】6つの特徴やグロウとの違いを解説!

スポンサーリンク

アクロ TRIANGLE LED BRIGHTの特徴やグロウとの違いを詳しく解説していきます。

アクロ TRIANGLE LED BRIGHT

30㎝用45㎝用60㎝用90㎝用120㎝用
適応サイズ(幅)27〜38㎝42〜52㎝57〜66㎝87~96㎝117~126cm
本体サイズ(幅×奥行×高さ)26.2×9.5×5cm41.2×9.5×5cm56.2×9.5×5cm86.2×9.5×5cm116.2×9.5×5cm
定格出力14.5W24.4W36.6W61.0W73.2W
全光速1950㏐2600㏐4200㏐7000㏐8400lm
LEDチップ数白11個22個(白モジュール11×2)33個(白モジュール11×3)55個(白モジュール11×5)66個(白モジュール11×6)
色温度7300K7300K7300K7300K7300K
平均演色性Ra81Ra80Ra80Ra80Ra80
重量0.61kg0.89kg1.2kg1.67kg2.12kg
価格
(2022年12月現在)
4280円6980円8980円14752円20300円
トライアングルシリーズ比較表(60㎝水槽用サイズ)

TRIANGLE LED BRIGHTは、明るさ抜群の水草育用LED照明であり、人気の高い種類となっています。

同じ価格のトライアングル グロウよりも約1.4倍明るくなっているため、明るくてコスパの良いLED照明を探している方におすすめです。

6つの特徴

6つの特徴
  1. 水草育成用の照明
  2. 明るさ・演出性が高い
  3. 吊り下げ設置が可能
  4. 丈夫な外装
  5. ランニングコストが安い
  6. コストパフォーマンスが高い

1.水草育成用の照明

ブライトは、水草の育成を目的として開発されたLED照明であり、赤や青の波長が含まれているため陽性水草などもしっかり育成させることができます。

いまいち水草の成長が悪かったり、グロッソスティグマなどの前景草が上に伸びてしまったりするような場合は、ブライトを使用することで改善されることもあります。

2.明るさ・演出性が高い

ブライトの明るさは60㎝水槽用で4200㏐あり、グロウの約1.4倍の明るさがあります。

ブライトの明るさは、高性能LED照明の中でも上位クラスの明るさとなっており、これまで2000lm台以下の照明を使ってた方にはかなり水槽内が綺麗に見えるようになりますよ。

3.吊り下げ設置が可能

ブライトの設置方法には、ライトリフトを使用した方式ワイヤーを使用した吊り下げ方式の2通りがあり、ライトリフトとワイヤーはLED照明に付属されているため、環境やレイアウト、自分の好みなどに合わせて設置することができます。

ただし、吊り下げ方式で使用する場合にはワイヤーを引っ掛けるスタンドが必要になり、別途で用意する必要があります。

おすすめはアクアテイラーズの”ステンレスアーム”でステンレス素材のため錆びにくくシンプルなデザインがかっこいい作りになっています。

4.丈夫な外装

トライアングル グロウ

写真はグロウのものですが、ブライトも同様に表面にはアルマイト加工が施されているため、耐食性・耐摩耗性に優れています。

また、トライアングルシリーズの特徴でもある三角形のアルミボディは、面積を大きくすることで放熱性をあげ、安全性を高めています。

5.ランニングコストが安い

ブライトは性能の良い照明ですが、LED照明であるため消費電力が少なく、1日12時間使用しても月の電気代は約360円ほどです。
※1kWh単価27円で計算

毎日使用するものなので、電気代が安いと安心ですよね。

電気代を正確に把握するためにも、毎日自動かつ正確に照明の点灯・消灯を行いたい方は、スマホでタイマー設定などができる”スマートプラグ”がおすすめです。

差し込み口が4つタイプのもの等もあり1つ1つに時間設定ができるため、複数の水槽台を管理している方やエアレーション、CO2添加も自動化したい方におすすめとなっています。

6.コストパフォーマンスが高い

ブライトは高い光量を誇りながら、9000円前後で購入できるためコストパフォーマンスが高いです。

ブライトよりも性能が低いの照明なのに、同価格で販売しているショップなどもあるくらいですので、高くて性能の低い照明を購入してしまわないように注意しましょう。

グロウとの比較

GROWBRIGHT
適応サイズ(幅)60㎝水槽用(57〜66㎝)60㎝水槽用(57〜66㎝)
本体サイズ(幅×奥行×高さ)56.2×9.5×5cm56.2×9.5×5cm
定格出力29.4W36.6W
全光速3000㏐4200㏐
LEDチップ数33個33個(白モジュール11×3)
色温度7200K7300K
平均演色性Ra93Ra80
重量1.2kg1.2kg
価格
(2022年12月現在)
8980円8980円
比較表(60㎝水槽用サイズ)

よくグロウとブライトのどちらを購入するか迷われている方が多いため、違いに触れながらどういった人におすすめなのか解説していきます。

グロウがおすすめな人

グロウがおすすめな人は、より水草育成に力を入れたい方です。

ブライトも育成用に開発された照明ではありますが、グロウの方が植物の育成に必要な赤の波長が含まれており、水草育成を目的にした場合にはグロウのほうがおすすめです。

ブライトがおすすめな人

ブライトは、水草育成もそこそこに、より明るく鑑賞性を高さを求めている方におすすめです。

前述したように、ブライトも水草育成目的に開発された照明のため、十分水草を元気に育成させる力はあります。

光量も多く、水槽内の水草や熱帯魚たちはより綺麗に照らされます。

その他のトライアングルシリーズ

トライアングルLED照明4種

アクロのトライアングルシリーズにはいくつか種類があり、中でも上記の4つは性能が高く、アクアリウムにおすすめのLED照明です。

上記の4つの違いがわからず迷われる方も結構いますので、ご興味ある方は下記記事で4種類の違いや特徴をまとめて解説していますのでご参照ください。

おすすめの高性能LED照明12選!

おすすめ照明12選
  1. アクロ TRIANGLEトライアングル LED GROWグロウ
  2. アクロ TRIANGLEトライアングル LED GROWグロウ Proプロ
  3. アクロ TRIANGLEトライアングル LED VIVIDビビット
  4. Chihirosチヒロス WRGBⅡ
  5. hihirosチヒロス WRGBⅡ PRO
  6. Chihirosチヒロス RGB VIVIDⅡ
  7. Chihirosチヒロス CⅡ RGB
  8. 太陽光LED LIGHT AMATERASアマテラスLED
  9. ONFオーエヌエフ Flatフラット Oneワンプラス
  10. TWINSTARツインスター LIGHT S-LINEエスライン
  11. nanoナノ LEVILレビル WHITEホワイト
  12. ソーラーRGB

上記のLED照明は、価格は少し上がりますが私が本当におすすめする超高性能LED照明で、アクアリウム好きにとってはわくわくするようなLED照明ばかりになっています。

中でもいまイチオシなのは、スマホ管理ができ、RGBチップが搭載されたChihirosシリーズの照明ですので、ご興味ある方は下記記事をご参照ください。

スポンサーリンク
アクアリウム北海道をフォローする
スポンサーリンク
アクアリウム北海道

コメント

タイトルとURLをコピーしました