アクア用品レイアウト・管理O2&CO2関連

水槽の照明やCO2等を自動管理する2つの方法【スマートプラグで超楽に!】

スポンサーリンク

水槽に使用する照明やCO2、エアーレーション等を自動でON/OFを行い管理する2つの方法を解説していきます。

水槽を自動管理する2つの方法

自動管理するメリット
  • 毎日正確な管理ができる
  • つけ忘れ・切り忘れが防げる
  • 管理が大幅に楽になる

照明やCO2ボンベのON・OFFを自動で行うには、”スマートプラグを使用する方法”と”コンセントタイマーを使用する方法”の2つがあり、自宅がWi-Fi環境であれば Merossのスマートプラグによる管理が圧倒的におすすめです。

それぞれ特徴を解説していきますので、ご自身に合った方法で管理し、よりアクアリウムを楽しんで頂ければと思います。

スマートプラグ Meross

特徴
  1. 使用するにはWi-Fi環境が必須
  2. アプリで細かいタイマー設定が可能
  3. 差し込み口ごとに設定可能
  4. 外出先からでも操作が可能
  5. HomeKit/Amazon Alexa/Google home等に対応

水槽器具を自動管理するためには、自宅がWi-Fi環境下であればMerossのスマートプラグを使用することをおすすめします。

スマートプラグとは、専用アプリを用いて好きな時に電源のON/OFFを行ったり、毎日自動で設定した時間にON/OFFを行ったりすることができるため、わざわざ自分で照明をつけたり消したりしなくても自動で管理することができるようになります。

お得な2個セット

1.使用するにはWi-Fi環境が必須

スマートプラグを使用するには、自宅がWi-Fi環境環境下であることが必須となります。

その上で専用アプリを使用してタイマー設定や遠隔操作を行うことができます。

2.アプリで細かいタイマー設定が可能

スマートフォンからMerossの専用アプリを使って照明やCO2添加(電磁弁必須)の自動ON/OFFを設定することができます。

タイマーを使って決まった時間にON/OFFを行ったり、外出先から操作したりすることができます。

3.差し込み口ごとに設定可能

スマートプラグには差し込み口が1つのタイプ複数口タイプのものがあり、複数口タイプは1つ1つにタイマー設定等をすることができるため、非常に使い勝手が良いです。

おすすめは3~4口タイプのもので、照明・CO2・外部フィルター・エアーレーション等がスマートかつ楽に管理することができるようになります。

・差し込み口3+USBポート口2つ
・差し込み口4+USBポート口4つ

4.外出先からでも操作が可能

アプリを使えば、自宅外からの離れた場所から電源の操作ができたりします。

例えば、セッティングさえしておけば外出時に「気温が高くなってきたから冷却ファンをつけよう」等といったことが可能になります。

5.HomeKit/Amazon Alexa/Google home等に対応

Merossのスマートプラグは、AppleのHomeKitやAmazon Alexa、Google home等に対応しているため、”音声”で操作することも可能です。

アクアテラリウム等で使用する霧を発生させる装置”ミストメーカー”と組み合わせると、自分の好きなときに霧を発生させることができます。

kaido
kaido

「アレクサ、〇〇つけて」などの一声でアクアリウムを管理できるなんておしゃれですよね。

コンセントタイマー

特徴
  1. 手動でタイマー設定
  2. 基本的に差し込み口は1つ
  3. どの家庭でも使える

自宅がWi-Fi環境下ではない場合は、”コンセントタイマー”を使用して照明等を自動管理することができます。

コンセントタイマーには、アナログタイプとデジタルタイプがあり、デジタルの方がスマートな作りになっています。

アナログバージョン
デジタルバージョン

1.手動でタイマー設定

コンセントタイマーは全て手動で時刻や通電時間を設定し、コンセントに差し込みます。

複雑な操作は不要なため、幅広い年齢層の方に対応しています。

2.基本的に差し込み口は1つ

コンセントタイマーは基本的に差し込み口が1つしかないため、一般的なのはコンセントタイマー+テーブルタップ(たこ足配線)の組み合わせて使います。

しかし、スマートプラグのように差し込み口ごとにタイマー設定はできないため、全て自動化する場合には日中用のコンセントタイマー、夜間用のコンセントタイマー等といったように複数用意する必要があります。

3.どの家庭でも使える

コンセントタイマーは、スマートプラグのようにWi-Fi環境等は必要なく、コンセントさえあればどの家庭でも使用することができます。

Wi-Fi接続やアプリ操作等が苦手だなという方は、コンセントタイマーの方が安心して使えます。

スマートプラグでらくらく管理

複数口タイプのスマートプラグを使えば、アクアリウムに必要な「フィルター」、「照明」、「CO2」、「ヒーター・冷却ファン」、「エアーレーション」等を自動で楽に管理することができるため、非常におすすめです。

今はWi-Fi環境が広く普及した時代になってきており、それに伴って様々な便利家電製品が開発されていますので、Wi-Fi契約をまだされていない方はこれを機に検討してみてはいかがでしょうか。

・差し込み口3+USBポート口2つ
・差し込み口4+USBポート口4つ

単体でタイマー設定等ができる照明も!

ChihirosのWRGBⅡというLED照明なら、スマートプラグを使用しなくても無料専用アプリをインストールすることでタイマー設定や発光強度を調整したりすることができます。

照明としても性能も高く、RGB素子LEDチップを使用しているためとても鮮やかに照らしてくれます。

水草も良く育ち、非常に高性能な照明となっていますので、ご興味ある方はWRGBⅡについて詳しく解説した下記記事をご参照ください。

Chihiros WRGBⅡの解説記事はこちら
  • RGB素子LEDチップを採用(生体や水草等を鮮やかに見せる)
  • 専用アプリで発光強度が調整可能
  • タイマー機能搭載で点灯・消灯の設定が可能
  • タイマーにより、徐々に好きな明るさに変動することが可能
スポンサーリンク
アクアリウム北海道をフォローする
スポンサーリンク
アクアリウム北海道

コメント

タイトルとURLをコピーしました