アクア用品フィルター

【サイレントフロースリム】メリットとデメリットを解説!

スポンサーリンク

GEXが販売するフィルター【SILENT FLOW SLIMサイレント フロー スリム】の性能を解説し、メリット・デメリットを紹介していきます。

SILENT FLOW SLIM(サイレントフロースリム)

サイズ約幅6.6㎝×奥行7.3㎝×高さ18㎝
適合水槽水容量25L以下
流量50Hz:2.4L/分、60Hz:2.8L/分
消費電力50Hz:2.6W、60Hz:2.1W
電気代(月)50Hz:約50円、60Hz:約40円
適用淡水・海水両用

サイレントフロースリムは、小型水槽テラリウムなどに使いやすい濾過機で、本体を水槽内に入れて使用します。

特徴は静音性の高さや価格の安さで、強い水流が苦手なベタ等の飼育にも向いています

メリット

①静音性が高い

きちんと設置できればとても静かに稼働してくれます。

他のフィルターと同様にゴミや汚れが溜まってきたりすると、異音がすることもありますのでこまめに手入れをするようにしましょう。

なめらかな水流

水流は弱めで、なめらかの水の動きを作ります。

その特徴から強い水流に弱いベタなどの飼育にも適しています。

価格が安い

フィルターとしては購入しやすい価格で、ランニングコストも月に約50円程です。

低コストでアクアリウムを始められるという点では、初心者の方にもおすすめできます。

メンテナンスが楽

初期の設置も簡単で、メンテンスも楽に行えます。

メンテナンス方法は本体の蓋を開け、活性炭スリムマットを取り出して飼育水で洗う、あるいは交換するだけなので、外部フィルター等に比べるとはるかにメンテナンスが楽にできます。

また、活性炭スリムマットを取り出したあと、さらに中のプレスポンジマットやモーターなども取り出すことができるため、余裕があれば2.3カ月の1度は一緒に洗ってあげると良いでしょう。

スリムマットの交換頻度については、2週間に1度の交換が目安となっていますが、水槽の状態を把握したり、メンテナンスをしっかり行えば2週間にこだわる必要はありません。

ただ、同じマットを長く使いすぎると水質悪化や苔の発生等に繋がり、やっかいな黒髭苔なども生えやすくなってしまいますのできちんと交換することをおすすめします。

アクアテラリウムに使用できる

サイレントフロースリムは最低水位が低いため、アクアテラリウム等にも使用できます。

ブラックにすれば目立たないですし、植物などで上手く隠して使用すれば自然なアクアテラリウムを作ることもできます。

デメリット

ろ過能力は高くない

外部フィルター等と比較すると、決して高いろ過能力ではありません。

ただ、「プレスポンジマット」と「活性炭スリムマット」の効果で、本体サイズの割には濾過能力がある方かと思います。

稚魚や稚エビがフィルター内に混入する可能性

どのフィルターにも起こりうることですが、吸水口部分から稚魚や稚エビ等を吸い込んでしまう可能性があります。

吸い込みが心配な方は、ネットを巻き付けるなどして吸水口部分を小さくしてあげましょう。

場所を取る

小型水槽内の一角を「サイレントフロースリム」で取ってしまうため、水槽内が狭くなるというデメリットがあります。

少しでも圧迫感を減らしたい場合には、ブラックを選択しておいた方がようでしょう。

30㎝水槽なら外部フィルターも可能!

本来であれば、30㎝水槽だと水流が強すぎて外部フィルターの使用は難しかったですが、「エーハイム クラシックフィルター2211」・スピンタイプの「リリィパイプ・「エーハイムコネクター」(直径9/12⇔直径12/16)の3つを使用すれば、高い濾過力と適した水流を生み出すことができます。

コネクターが必要な理由は、「エーハイム クラシックフィルター2211」の吸水側ホースサイズが12/16mm、排水側が9/12mmとなっており、リリィパイプのサイズと合わせてあげる必要があるからです。

サイレントフロースリムの使用を迷われている方は、外部フィルターも検討してみてはいかがでしょうか。


エーハイム コネクター(直径9/12⇔直径12/16) 底面オーバー用 関東当日便
スポンサーリンク
アクアリウム北海道をフォローする
スポンサーリンク
アクアリウム北海道

コメント

タイトルとURLをコピーしました