水草前景草中景草

【ウィーピングモスの育成】枝垂れる姿が美しい水草

スポンサーリンク

枝垂れる姿が美しいウィーピングモスを枯れさせず綺麗に育成するための情報を紹介していきます。

ウィーピングモスとは

学名:Vesicularia ferriei

ウィーピング(枝垂れる)モスとは、ハイゴケ科ヴェシクラリア属の水草で、文字通り枝垂れながら成長していくウィローモスです。

有名なウィローモスや南米ウィローモスよりも成長が遅く、濃くて明るい葉の色をしています。
下に垂れている姿は、水槽内の自然感を強く演出してくれます。
また水上化させることも可能です。

育成環境

〇育成難易度★★☆☆☆

ウィローモス等と同様に丈夫なため育成難易度は高くありません。

ただ、こまめにトリミングを行わなければ光が当たらないところから枯れてしまうため注意が必要です。

〇光量

  • 低光量でも育成可

強い光がなくても育成は可能ですが、折り重なる性質が強い為、光のあたらない部分ができてしまうと、そこから枯れて剥がれてしまいます。

放置すると、必ず光が当たらない部分ができてしまいますのでまめにトリミングを行うようにしましょう。
ただ、成長速度は早くないためトリミングに追われてしまうということもありません。

〇CO2

  • CO2添加なしでも育成可

2~3秒に1滴ほどで良いので、添加した方が調子が良く、成長速度も上がります。

〇水温

  • 20~27度

〇水質

  • 5~7pH(弱酸性~中性)

〇活着

テグスなどを使って流木や石に活着させるのがおすすめです。

〇増やし方

  • 枝分かれ

ウィローモスと同様に、切った部分からまた増えていきますので、トリミングしたモスを再度流木や石に活着させて増やすこともできます。

ただ髪の毛と同じで、そのまま放っておいてしまうとボリュームが出てしまうため、髪の毛をすくようにトリミングするとスッキリとした感じになります。

一味違ったモスの魅力

ウィーピングモスは葉の色が明るく、枝垂れる姿はとても美しいです。
ジャングル水槽などにもマッチするでしょう。
ウィローモス等と比較すると、成長が遅いためトリミングに追われることもありません。

ちょっと違ったモスを試したいという方にはおすすめです。

スポンサーリンク
アクアリウム北海道をフォローする
スポンサーリンク
アクアリウム北海道

コメント

タイトルとURLをコピーしました