前景草水草

ニューラージパールグラスで緑の絨毯を作る!光量やCO2は必要?

スポンサーリンク

ニューラージパールグラスの育成に必要な情報を紹介していきます。

ニューラージパールグラスとは

学名:Micanthemum sp.

ニューラージパールグラスはゴマノハグサ科の植物で、丸く明るい緑色の葉が匍匐しながら成長していくのが特徴です。そのため、緑の絨毯を作ることも可能です。

育成環境

〇育成難易度★★★☆☆

他の上部な水草と比較すると若干難易度は上がりますが、高光量・CO2添加・掃除を意識していれば、そこまで難しくはありません。

水草の中に、糞や食べ残し等の汚れが溜まると調子を崩してしまう場合がありますので、ホース等を用いてこまめに汚れを取り除く必要があります。

〇光量

  • 20W蛍光灯2~3灯(60cm水槽の場合)

層になって生い茂ると光が届かない部分が枯れやすくなっていくため、なるべく高光量の照明をおすすめします。葉が枯れた場合には、枯れた部分を切り取るようにすればまた新しい葉で茂っていきます。

〇CO2

  • なくても育成可

ニューラージパールグラスを生い茂らせたい場合にはCo2添加は必須となります。

〇水温

  •  20~26度

〇水質

  • 5.5~7pH(弱酸性~中性)

〇増やし方

  • ランナー

高光量・CO2添加・掃除を意識しよう!

ニューラージパールグラスの絨毯を上手く育てるためには、高光量・CO2添加・掃除を意識する必要があります。また、光が届かないせいで水草が枯れてしまわないように、こまめにトリミングを行い、葉同士が折り重なり過ぎないように調整する必要があります。

スポンサーリンク
アクアリウム北海道をフォローする
スポンサーリンク
アクアリウム北海道

コメント

タイトルとURLをコピーしました